実像となる実体と意識の投影

私が見た未来像は、人間の想像を遥かに超越した

バーチャル世界と実像が実体化した混合の意識の映しでした。

この世界が顕現されることになれば、意識の繋がりの無いものは全て消滅します。

これが、私たちのつくる未来像です。


アセンション後の世界は、実写版の意識=魂の統合された世界が映し出されます。

それは、それぞれの【心に強く思うイメージの投影】で

形として表現され実現されることになります。

 

上昇したエネルギーが作り出すのが、各階層にあるエネルギーの分離です。

この分離システムが、新しい分別するエネルギーの秩序を壊すのです。

そうすることによって、更なる階層別のエネルギーが大きく動くことになります。

エネルギーの分離は各階層のエネルギーを変え、新しい創造の道をつくり出すのです。


意識層の解除が進むと魂と肉体は別々の人格を持つように動きます。

それは自分の意識とは、かけ離れたように感じます。

 

次元を超えた魂は、肉体を持つ自身の現象(オーラ)となって

実像になる実体(肉体)へ話しかけるようになります。

声も性質も違う、もう一人の自分が誘う物理的次元界のオーラは現象になる事象、

原因を作り、新たなる物質世界を歩み出すことになります。


存在するのは、魂と肉体を持つ私たち意識の繋がりです。

私たちは、実像となる実体の上に意識を重ねて繋がっている状態なのです。

 

これを分かりやすく説明すると

肉体という容器の中に意識を投影させている存在になります。

 

肉体とは、物質世界に滞在する間の入れ物に過ぎない。

魂の作り出す世界が本当の世界です。

実像とは、かけ離れた生活を強(し)いられているのが現状です。

 

覚醒すれば、全ては作り出された投影された世界に存在している自分が分かってきます。

新しい世界に飛び立つのは、あなた自身の意識オーラ:光なのです。